2010年09月12日

Album Leaf

OrchardにあるTABという小さな箱でAlbum Leafのライブが
あるというので行ってきました。

元Tristezaのジミー・ラヴェルが中心のUSのバンドです。

私的にはDubでアコースティックでChillな音という形で
何か物足りないところがあるんだけど、その物足りなさが
好き、というバンドです。

Sigur Rosのスタジオで録音した新作が非常によかったので、
密かに期待していました。

ライブは非常に良く出来た印象派的なヴィデオと音がシンクロ
し、各メンバーが一音一音を非常に大切に気持ちを込めて紡いで
いるという感じが伝わって来て良かったです。

が、やはりちょっと物足りない感はあったかな。
結局、その後朝方までThaiDiscoで友人達と盛り上がってしまいました。







posted by MK at 08:08| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

Bose Quiet Comfort 15

そういえば、インド出張の前にノイズキャンセレーション付きの
Boseのヘッドフォン、Quiet Comfort 15を購入しました。

先月末のMC2に続きBoseへつぎ込んでしまいました。

外部、内部のマイクより雑音を拾い、逆の位相を発生させる
ことにより外部の雑音をシャットダウンするというもの。

シンガポールの場合、ほぼずっとエアコンつけっぱなしですので、
エアコンや、他の雑音の中で音楽聞くのと極力外部の音を消して
音楽聞くのとは、かなりの差がありました。

ヘッドフォンを外すと、こんな雑音の中で生きてるんだ、
と逆に驚きも感じます。

出張時の機内でも全くとは行かないまでも、静かに音楽を
聞けるくらいに外部の音から切り離されます。

音質はBoseらしくない上品な音。低音はそんなに強くありません。

安いものではありませんが、かなりいい買い物をした気にさせて
くれました。
posted by MK at 23:54| シンガポール ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

Singfest 2010

3日の日程のうち、最終日にIan BrownとSmashing Pumpkinsが出るというので
行ってきました。

夕方6時から深夜2時くらいまでの長丁場でしたが、お目当ての2つはなかなか
良かったです。Ian BrownはStone Roses時代のI wanna be adored から始まり
合唱。また、全アルバムをその昔数えきれないほど聞いたSmashing Pumpkinsは
圧巻な演奏でこれまた合唱でした。

以下Twitterから。


m_kbys Waitin for opening the gate of Singfest at Fort Canning Park. at 08/05 18:15

m_kbys Local band start. Outdoor fes is nice! at 08/05 18:32

m_kbys 2nd act . Metal band from Canada is playing now. Next will be Ian Brown. Start to get drunk now. at 08/05 19:26

m_kbys Finish jogging w Ian Brown. 1st song was "I wanna be adored". at 08/05 21:02

m_kbys Vines are ok . 30 seconds to mars is bit difficult time for me. Waiting for smashing pumpkins after this act. at 08/05 23:49


posted by MK at 22:52| シンガポール ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

Bose M2(from Twitter)

m_kbys BoseのM2(Computer MusicMonitor)をゲット。Macbook Proに繋いで使ってます。音は小さいのに凄いなと思います。中域と高域の分離と抜けがいいな、と思う反面、低域が響きすぎのときもあります。 at 08/01 08:51

m_kbys M2ですが、安くないので音的にはコスト見合いは微妙か。ただ、小型とデザインという意味では秀逸。Bose ShopでヘッドフォンQuiet Comfort 15も合わせて大人買いしようと思ってましたが、嫁が怖い顔になってきていたので、これは機を見て。 at 08/01 08:55

m_kbys iTunesもちょっと整理。整理後は音だけで12,000曲ちょっと入ってて56Gくらい。まぁ、こんなものか。 at 08/01 09:11

posted by MK at 18:05| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

BSS

火曜はBroken Social Sceneのライブに行ってきました。

場所はEsplanadeです。

7:45-9:45の正味2時間のライブで、個人的に若干
中だるみがあったものの、楽しめました。

轟音でもアルペジオでもなく3人のギターの単音で憎いところ
をついてくる音作り、 4・3の拍子ながらノリの良い
しかもちょっとマイブラっぽい歌がのる曲等かなり
インディーズというか、音的にチャレンジしているところ
が魅力でした。

Cause=Time,KC Accidentalというようなマストな曲から
新譜からの曲まで網羅したPsychedelicな音空間で、
時にあまりに気持ち良くてほおが弛んでしまう
こともありました。

また、今回のツアーに帯同しているLisa Lobsingerの声は
実はこのライブでの個人的なハイライトでした。
(2曲メインで歌ってました。)


来週はSingfest(Smashing Pumpkins, Ian Brown 等)に行く
ことになり、ちょっとライブ続きになりそうです。

posted by MK at 23:43| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

Back to Psychedelic

相変わらずKranky一派のDroneなものをメインで聞き、Last.FMでも
その系統を聞きまくってるのですが、それとは別の流れで先日購入した
Flying Lotusを聞いていたら何故かSyd Barrettが参加したPink Floydの
1枚目が無性に聞きたくなり、iTunesで買い直し。

ビニールで以前持っていたものをかなりiTunesで買い直してますが、
今回は2007年のデジタルリマスター盤を。ここで悩ましいのが
モノリマスターとステレオリマスター盤が出ていた事。

こうなったら聞き比べるしかないという事で両方入ってさらに初期の
シングルが入ったデラックス盤を。

やはり名盤。特にモノ盤の音の出っ張りが良い。

その後はSyd barrettのソロ音源に移り、何故かDoorsが聞きたくなったり、
MagazineやSwell Mapsが聞きたくなったり、そのあたりは既に所有している
音源から聞きまくりの週末でした。

80年代ポストパンク含めこのあたり、自分の中でルーツなんだと思います。


posted by MK at 23:12| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

LastFM有料版

数年前はHW,ここ1、2年はクラウドの連携,マッシュアップあたりが個人的な
流行だったのですが、今年はコンテンツ。

何故Appleが良いかというと、私が好きなくらいの音好きな要求をある程度
満たすくらいのコンテンツとインターフェースを提供しているからだったり
します。

Googleはそういった意味では技術とインフラ色が強く、仕事で使う分には
非常に良いのですが、コンテンツという側面では個人的には魅力うすだったりします。

ただ、iTunesのGeniusも慣れて来るとどうしてもかっちり過ぎてあまり広がらない
部分もあるので、LastFMの有料版(月にUS3ドル)を登録し、聞き放題に。

好きなアーチストに似通った音源がひたすら流れるのは心地よいですし、
アブストラクトものは敢えて購入せず、一日中、響いてくれれば良いという
のもあります。

また、LastFMはSNSとしても良く出来ていて、それなりに世界各国の友人が共通の
音の趣味で増えていく、という楽しみもあります。

というわけで、相変わらず時間があれば音三昧という生活です。
posted by MK at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

最近の音源

ちょっとロック(インディーズ)寄りな最近。

Your Forgot it in People/Broken Social Scene
Broken Social Scene/Broken Social Scene
Forgiveness Rock Record/Broken Social Scene

カナダのバンドですが、Singaporeでのライブが7月に
あるので、予習。初期の音源の方が好きですねぇ。
ガレージっぽかったり、シューゲイザーっぽい線の
細い歌が絡んだり、ノイズっぽく激しい音が絡んだり、
サイケなディスコ調があったり、とにかくインディーズな
音が玉手箱のように詰まっています。

ある意味型にはまっていなくてカッコいいです。
ドラムが良いですね。

あとはこちら。

Aligator/The National
Boxer/The National
High Violet/The National

USのバンドですが、Joy Divisionのイアンカーティス
っぽかったり、SwansのMichael Giraっぽい歌がとても良いです。
(91年でしたでしょうか。ロンドンで見たSwansのライブは
未だに鮮明。ベストライブの一つです。)

また、レナード・コーエンっぽくもあるかと。

歌詞もとても良いです。陰のある優しい音の積みも
疲れを癒してくれます。新譜 High Violetはかなりの
傑作かと思います。

というわけで、本読んでスコッチ飲んで音を楽しむという
余暇、ホッと一息です。

posted by MK at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

Flying Lotus

ここ数日この2枚を聴きまくりです。

Los Angeles/Flying Lotus
Cosmogramma/Flying Lotus

凄いです。

センスに満ちあふれたマッシュアップな音楽。

Warpからですが、どうやらコルトレーンの甥
のようです。

ヒップホップ的なアプローチですが、SquarePusher的
な臭いもします。

CosmogrammaではRadioheadのThom Yorkeが参加している
曲もあります。

とにかく聴き始めたら止まらなくなる音。

Wall Street Journalにも新譜のCosmogrammaは取り上げ
られてました。これはちょっとびっくり。
posted by MK at 23:40| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

Placeboがやってきた

野外のFortCanningParkでのライブ。
雨が心配されましたが何とか持ちました。

が、驚いたことに、FortCanningの小ステージ
でのライブでした。

客は500人はいたと思いますが1000人までは
いっていなかったような。。(かなり大雑把)

とはいえ、個人的にはかなり盛り上がりました。

2枚目、3枚目は日本にいて仕事きつかった時期に
毎日のように聞きまくっていました。

最近の作品、まぁまぁだったので、今回のライブは
どうしようかと思っていましたが、家内が勝手に
チケットを取ってしまっていました。


それにしてもブライアン・モルコのカリスマぶり。
生まれた時から何かを持ち合わせた人っているんだなぁと。

出てきた瞬間からものすごい色気とオーラ。


やはり野外は気持ちいいです。スコッチ
飲みながら外気に触れ、音の洪水に包み込まれて。

あっという間の1時間40分でした。


さ、気分転換ができたところで、もう一仕事しようかと。

なんだか、一気に進みそうな気がしてきました。





posted by MK at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

William Basinski

またアンビエントに戻ってきました。

William Basinskiは短波のノイズをテープで編集しながら
音楽を続けているアーティスト。

同じフレーズが曲によっては1時間ほど淡々と続くミニマルな
アンビエント。

音はノイズというよりか、包み込むような音でかなり癒して
くれます。

今回はThe Disintegration Loops 4部作のうち、2枚を。

The Disintegration Loops I / William Basinski
The Disintegration Loops II / William Basinski

こんな感じで音楽を聞きつつ、息抜きに読書(といっても
業務絡みですが)してます。

これ一段落ついたら、もう一踏ん張り仕事の続きです。。
posted by MK at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

バニーメンがやってきた

KLから金曜晩に戻ってから、日曜夜まで
ひたすら仕事という状態でした。

なんだか、本当に忙しい。

というわけで、タイミング良く気分転換にということで、
Echo & The Bunnymenのライブに行ってきました。
前回見たのが中学か高校かくらいの時だったの思うのです
が、25年ぶりくらいの彼らのライブです。

実は再結成後もアルバムとしては好きなものが多く、
私の中では第一線バンドだったりします。

前々作のFlowersはアルバム全体のサイケ度(ネオサイケ
ではない)はかなりぐにょぐにょで気持ち良いし、
前作のSiberiaは私の中で隠れた名作。
(ほとんどの人の再結成後の評価は低いですが。)

ライブ自体は初期の曲が多かったです。1枚目から4枚目。
低音が気持ちいい。

Esplanadeで全席指定という中、最初の数曲は全員
座って聞いている異様な状況。ただ、音はやたらに良いです。
その後は、皆さんほぼ立ち上がってました。

イアンもまだまだ声出る感じ。Back of loveはキツかった
ですが。All that JazzやCutterは結構いけてました。

そして空間を見つけてインパクトのある音取りをする
ウィルのちょっと変態なギターは、やっぱりセンスに溢れてます。

ジョン・マクガフ(マガジン、スジバン、PiL)、このウィル、
アンディ・ギル(ギャング・オブ・フォー)、バーナード・
サムナー(Joy Division時代)のギターはなんというか、
私のツボにハマります。あ、Tristan(Sad lovers&giants)
もです。

ただ、正味55分くらいでステージ終了、その後アンコール2回で
結局1時間20分前後。短すぎですねぇ。。

とはいえ、80年代ポストパンク、今でも燃えてしまう音です。

posted by MK at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

Green Day

先日木曜になりますが、Green dayがシンガポールで
公演を行ったので行ってきました。

多感な中高の頃、パンクが好きで良く新宿ロフトやツバキ
ハウスにいってたものの、さすがに年で正直気乗りしてい
なかったのですが、家人が好きで結局同行する形に。

客先から直行で向かい車の中で着替えてなんとか20:00開始
に間に合う感じでした。(オープングアクトがあったので
結局彼らは21:00からでしたが。)

演奏もタイトで、声も良く通り歌もアルバム通りに外すこと
なく、かなり上質なライブでした。シンガポールのライブに
してはめずらしくステージから客が何度もダイブして
ましたし。

で、結局気が付くと前列3-4列目で汗だくもみくちゃに
なりながら年甲斐もなく3分の2くらいの曲を一緒に歌って
いる始末。

殺伐した雰囲気はもちろん全く無く、非常に楽しめる
エンターテインメントとして、とても良かったです。

翌日首が痛いのは若い時と同じなのですが、肩の後ろが
痛いのは、新たな展開でした。。

posted by MK at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

Stephenhero

音源をまとめて購入しています。

I haven't got it in me/My Majestic Star

Appartition in the woods/Stephenhero
57 Stars of the Air Almanac/Stephenhero
Darkness & the Day/Stephen Hero

My Majestic Starは新譜。悪くはないけど、1枚目に
遡って行く程、好きな度合いが増幅。そろそろ、もう少し
突き抜けてくれないかなぁ、という感じ。


Stephenhero/Stephen HeroはKitchens of Distinction
のPatrick Fitzgeraldのユニットというか、ソロ。

Appratition〜は新譜。これが意外に良かったので、遡って
買ってます。

ピアノが中心の弾き語りに近い形態。KODを彷彿させる曲もあり
相変わらず歌詞も素晴らしい。

SwellMapsやThese Immortal Soulsでドラムを叩いていた
今は亡き、そして大好きだったEpic Soundtracksも晩年ピアノ
中心のアルバムを出していましたが、Patrickのは彼のアルバム
より若干色彩があります。


posted by MK at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

David Sylvian

新作「Manafon」が出ていたので、iTunesから購入。

基本的には前作「Blemish」と同じ路線。

難解で音数が少ない即興演奏に難解な歌詞が乗るという。

けれども少しだけ暖かい音かもしれません。

ユニットNine Horsesのような音を期待していた
感もあり、また賛否両論ではあるようですが、
個人的にこの新作は新作でかなり好きです。

深い音世界に相変わらずの彼の声が響きます。





posted by MK at 11:16| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

Editors

3枚目のアルバムをiTunesでダウンロード。

いきなりエレクトロ満載の音に。

Joy DivisionからNew Orderか、はたまたKillers3枚目か。

個人的には悪くはないけど、前2作の方が好きかと思います。

そういえば、この手の音、数年前に出たビリー・コーガンの
ソロは今でもたまに聞きますが、これは個人的には
ツボにはまりました。


ところで、今日はこれからバタムに渡りプレゼン。
最近パスポートの残ページの減りが早くなってます。。
posted by MK at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

ここ数週間でiTunesで以下の5枚を購入。

-()/Sigur Rós
-Takk.../Sigur Rós
-Med sud i eyrum vid spilum endalaust/Sigur Rós

-One Day I'll Be On Time/The Album Leaf

-The Exquisite Death of Saxon Shore/Saxon Shore

Sigur Rósは()あたりの音が個人的には一番好きかも。

The Album LeafはSub Popから。懐かしいですね。Sub Pop。
でも私の知っているSub Popの音とは全く違います。
午後の昼下がり紅茶でも飲みながらといった音です。

Saxon ShoreはShoe Gazerな雰囲気なPost Rock。
もう少しだけRockより。
posted by MK at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

Sigur Rós

British Sea PowerでしばらくRockに戻りつつ、
また、Post Rockに戻っています。

ここ2週間で5枚程iTunesから。

Do You Like Rock Music?/British Sea Power
Man of Aran/British Sea Power

Dream Signals in Full Circles/Tristeza

Von/Sigur Rós
Ágætis Byrjun/Sigur Rós


British Sea PowerのMan of Aranは何故かアンビエントを
目指しているような。

TristezaはどちらかというとさわやかなPost Rock。

Sigur Rósは轟音と静謐とが混ざり合った音。ライブが見たい。

この調子だとしばらくSigur Rós,Album Leafあたりの
路線にどっぷり浸かりそうな感じです。


posted by MK at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

British Sea Power

なんだか忙しく、ゴルフに土曜午前中に行った以外は
自宅でせっせと仕事。結果的に20時間以上根詰めてましたが、
まぁ、こんなもんでしょう。

ポジティブに新しいことを学びながらビジネスに繋げていく
のは生みの苦しみをともないつつ、とても充実感を感じる
ことができます。

とはいえ、相変わらず音楽を聴き、鼻歌でも歌いながら
というのが、快適ではあります。


というわけで、以下の4枚をiTunesでポチって聴きながら
でした。

The Decline of British Sea Power/British Sea Power
Open Season/British Sea Power

The Sound of Lights When Dim/Slow Dancing Society
Priest Lake Circa '88/Slow Dancing Society


British Sea PowerはいかにもUKらしいバンド。
パンキッシュだったり、PsychedelicFursやPulp,たまに
ベルセバっぽくもなったり。個人的にはかなりツボに
はまりました。RoughTradeからなんですねぇ。

SlowDancingSocietyは相変わらずDroneですが、初期音源の
The Sound〜のギター、プログレ的な浮遊感もあって結構
気持ちいいです。

とりあえず、音的に充実した週末でした。





posted by MK at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

My Majestic Star

iTunesで入手できる3枚を一気に購入してしました。

先週からかなりヘビーローテになっています。

Ideas are the answer/My Majestic Star
Fining -EP/My Majestic Star
Too Late, the Day/My Majestic Star

AustraliaのHidden Shoal Recordingから。

基本的にPost Rock的なアプローチなのですが、
嗜好的に個人的なフィーリングとマッチ。


Ideas are the answerはDrutti Columnというか、
Errorsというか、そんな感じがします。

また、Fining -EPはシューゲイザーというか、
ポストシューゲイザー的で耳に残る音です。

Too Late,the DayはSlowdiveの3枚目、もしくは
BarkPsycosisな感があるポストロック。

個人的には久々の大ヒットです。
posted by MK at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。